IDÉE

LIFE CYCLING.

Interviews | File No.038

エリック・レイフ・エリクソン 音楽を奏でる作品たち。
遊び心に溢れた91歳のアーティストのアトリエ
Erik Leif Ericson, Artist / Sweden, Stockholm
"Artwork that Plays Music - The Atelier of an Artist with a Playful Mind"

ダンボールや色紙で作られたサーカスのピエロやカーニバルの男性、女性。今にも動き出しそうな、カラフルでユーモラスな表情をしたフィギュアたちが、アトリエいっぱいに飾られている。色彩豊かな独特の世界観で魅了するのは、アーティストのレイフ・エリクソン。2次元のペインティングから3次元の立体物まで幅広く手がけ、91歳の今も現役で制作を続ける。

彼の自宅兼アトリエはストックホルムの中心部からほど近くにある一軒家。薄い水色の壁に真っ赤な窓枠、壁やガラス、庭の看板にもレイフのペイントが施され、彼自身のユーモラスな人柄が垣間見える。旅からインスピレーションを受け、常に音楽を感じられる作品を意識して作るという。まるでおもちゃ箱をひっくりかえしたような楽しい空間。賑やかで明るいアトリエを見せてもらった。

The atelier was full of colorful, humorous paper and cardboard dolls of circus clowns and carnival performers. Leif Ericson is the artist who fascinated us with such a unique world full of colors. From 2D paintings to 3D objects, he makes various types of art and, for all his 91 years, is still an active artist.

His atelier-cum-home is located not so far from the Stockholm city center. With the light blue walls, the crimson window frames and so many drawings and paintings on the walls, glasses and signboards in the garden, the house clearly reflects the humorous character of its owner. Leif gets inspirations while traveling and always tries to make artwork from which people can feel music. This time, we visited his charming atelier which looks just like a toy box.

まず始めに、アーティストを目指したきっかけを教えてください。

僕の記憶では6〜7歳の頃から創作は始まっています。ヨーテボリの紙工場の役員だった父がいつもいろんな紙を持ち帰ってくれて、それらを切ったり貼ったりしながら制作していましたから。質の良い紙と共に育ち、幼い頃から紙と色で遊び始めていた自分にとって、紙は一番身近な素材になっています。18歳頃には学校で学ぼうと思ってアートスクールに通い始めました。その間にグンナルとリサ(・ラーソン)の2人と出会いました。以来、彼らとはずっと友達だよ。

アートスクールでは主にどのようなことを学んでいたのですか。

5年間の間にはいろいろなマテリアルをやりました。グラフィック、リトグラフィー、セラミック、ドローイング……。その中でも絵を描くことがいちばんしっくりきたから、学校を出た後は、アーティストとして活動を始めました。友人の中には工場に入って、プロダクトのデザインをしたり、パターンを作ったりという仕事に就くものもいましたね。そう、ちょうどリサのようにね。当時は小さい工場含めてたくさん仕事がありました。今は作家が増える一方で、工場の数が減ってしまったのでその環境は難しいけど、当時は僕らのようなアートスクール出身者にも働く場所がたくさんあったんです。僕は建築家と一緒に働いていました。

First of all, what motivated you to aim to be an artist?

As far as I recall, I began to create things at the age of 6 or 7. As my father was officer at a paper mill in Mölndal near Göteborg, he used to bring various types of papers to our home and I made something by cutting and pasting those papers. Paper is the most familiar material for me because I grew up and had played with quality papers since I was a small boy. Around the age of 18, I started to learn at an art school. I met Gunnar and Lisa (Larson) at that time. Since then, we’ve been really good friends.

What did you learn at the art school?

I tried so many different types of art in 5 years. Painting, graphic art, and drawing... Then I found that painting suited me best among those and began working as an artist after graduation. Some of my friends joined factories to do product design or pattern making. Yeah, just like Lisa did. Around that time, there were many job opportunities at factories, including smaller ones. It may be difficult to do it now because the number of artists keeps increasing and we have fewer factories around. At that time, there were a lot of work opportunities even for art school graduates like us, I worked a lot together with architects.

レイフは工場には入らなかったんですね。

僕はデザイナーというよりアーティストとしてやっていきたかった。展覧会を開催する機会にも恵まれ、早いうちからそれだけで生計を立てることができたことも大きい。ちょうど1953年にイタリアで展覧会があって、それに出品したのはよく覚えています。戦後でヨーロッパ全体が疲弊していてお金もなかった頃、特に戦後のイタリアは混乱状況だったけど、ヨーロッパ中から人を集めて展覧会をしようと開催したものでした。だいたいそういった状況では、アートは一番最後に考えられがち。けれども人々に希望を与えられるものでもあるという信念を持って参加した。そんなタイミングで展覧会をできたことは誇りに思っています。

これまで作ってきた作品には、どのようなものがあるか教えてください。

大きな壁画から小さなパペットまで、さまざまですね。スウェーデンではパブリックアートが発達していて、例えば病院や図書館、保健所、プールなど、任されたアーティストはそこで作品を作ることができる。僕はヨーテボリ郊外にある図書館の階段の吹き抜け部分を描いたり、公共プールの壁に月によって違う絵を描いたウォールペンティングをしたこともありました。フレスコ画の手法みたいなものもやるし、壁に直接ペインティングもする。パブリックアートの他には、妻のキャティンキャがいろんな包み紙やプレゼントの包装紙も含めてどんな紙でも取っておいてくれるので、そこに絵を描いたり、コラージュしたり、フィギュアを作ったり……。

But you didn’t join a factory.

I wanted to work not as a designer, but as an artist painter. On the other hand, I could have opportunities to hold exhibitions and make my living doing so. That was one of the biggest reasons, too. In 1953, an exhibition was held in Milano, Italy and I remember exhibiting my work there together with colleges from Valand Art School. It was just after the war and the whole of Europe was shattered and suffered from poverty. Although Italy was in a state of utter confusion, they tried to hold an exhibition, gathering artists from all over Europe. Art might be the last thing to think about in such a difficult situation, but the Valand Art School decided to participate in it with a strong belief that we could bring hope to people. I’m proud that we could hold an exhibition at a time of confusion.

What kind of art have you made so far?

My artwork varies from wall paintings to small puppets. Public art is very common here in Sweden and a commissioned artist can make his/her own artwork in a public space such as a hospital, library, schools, healthcare center and swimming pool. I once did painting outdoor on the walls in a suburb of Göteborg, while having created different paintings and figures on walls of a public swimming pool. I sometimes paint in al fresco, and at other times I paint at the wall directly. Apart from public art, my wife Katinka keeps all kinds of papers including wrappers and gift-wraps for me. So, with those papers, I make drawings, collages, figures...

作品の幅も本当に幅広いですね。どのように制作されるのでしょう。

一つの作品を作る、もしくは絵を描いている最中に次のアイデアを得て、それをつなげていくんです。初めから終わりまで一つのことを取り組むのではなく、すべて同時進行でいくつも作る。思いつきで、「あ、これやろう」みたいに始まることも多いです。絵の作品の中に出てくる人形が立体のパペットになるとかね、全部がリンクしている。ストーリーがつながっているんです。

パペットを作り始めたきっかけは何ですか。

最初は自分の子供たちのために作っていました。子供たちが遊ぶには立体がいいだろうと思って。それが最初の目的で、展覧会のためでも誰に頼まれたわけでもなく作り始めたものでした。キャティンキャと出会ってからの影響も大きく、彼女は幼稚園の先生だったので、頼まれて紙製フィギュアでの演劇をするようになったんです。子供たちの前で披露する機会ができて、2次元から3次元にすることが多くなった。紙やダンボールもまた彼女が集めていて、使い古したものから作っています。紙だから軽いしね。彼女が定年退職してからは子供向けの演劇はもうやっていません。

You do quite a few types of art! How do you make it?

I get an idea when making artwork or painting a picture, and then connect it with other ideas. I don’t focus on one task from beginning to end, but make many artworks all at the same time. My creation often starts with a sudden random thought like “Oh, how about this?” For example, I make a puppet doll which I painted in a picture. Everything is linked as each story is connected to the other.

What was the reason you started to make puppets?

I actually made it for my children at the beginning. Then I thought 3D objects might be better for them to play with. In the beginning I made it not for an exhibition or as commissioned work. Later my second wife Katinka also became a big influence on it after we met. Because she worked as a kindergarten teacher, she asked me to perform a play for children with my paper dolls so we did it together. As my opportunities to play for children increased, I started to make more 3D objects than 2D ones. She has been collecting cardboard and papers for me, too. I make my artwork from those used papers. It’s also light in weight. I stopped to perform for children after her retirement.

話は変わりますが、この家はどのようなきっかけで住むことになったのですか。

子供たちとここに住み始めたのが1970年。それ以来ずっと住んでいます。アトリエを併設して、アートワークをしながら、子供たちと一緒にいる時間も持つことができてとても良かった。80年代にキャテンキャと結婚しても変わらずここに住んでいます。少し傾いているけど快適だよ(笑)。裏に大きな庭があって、この家ではゆったりとした時間を過ごすことができるんです。キッチンとリビングとアトリエが1階に、寝室は2階、半地下にはがランドリールームという造り。

ふだんはどのように過ごされていますか。

日によってですが、太陽の出方よって8時半や9時頃に起きて、僕がお茶を淹れて、キャティンキャがオープンサンドイッチを用意します。トレーごと上に持って行って庭の見える二階の窓際のテーブルで朝食をとることが多いですね。それからは、ほぼアトリエにいることが多い。スウェーデンでは10時と3時にお茶の時間があるけど、だいたい10時だけ。日が出ている時になるべく仕事をしたいからね。そうそう、1週間に2回は僕がパンを焼きますよ。1日の大半はアトリエで過ごすけど、仕事をするのが疲れた時にはパンを作りにキッチンに(笑)。それが息抜きですね。

By the way, what was the reason you decided to live here?

I have lived here since I moved in with my children in 1970. I’ve been very happy living in this house because I have my atelier here and could spend my time with my children while making artwork. I didn’t change my living place when married Katinka. This house is a bit leaning to one side, but still cozy (laughs). With a spacious garden behind, we can have a relaxing time here. There is a kitchen, lounge and atelier on the first floor while bed rooms are located on the second floor. And we use the semi-basement room as a laundry.

How do you usually spend your day?

It depends on the day, but I usually wake up around 8:30 or 9AM according to the time of sunrise. Then I make some tea while Katinka makes open sandwiches. Most of the time, we bring our trays upstairs and have our breakfast with viewing our garden through the window. Then I usually spend most of a day in my atelier. We normally take tea breaks at 10AM and 3PM in Sweden, I want to work as much as possible during daytime hours. Oh, and I bake bread at least twice a week. Though I spend much of my day in my atelier, I go to kitchen to bake bread when feeling tired of working (laughs). That’s a welcome break for me.

アトリエは窓が多くて気持ち良いですね。

この部屋を選んだのは窓が3方向から入ってくるような造りで、光がたくさん入ってくるんです。ほら見て、中でもこの窓は光が1日中入る。一方向からしか入る光しかないと、長い時間アトリエにいるのが難しくなってしまう。光は色を見るのにとても大事なものだからね。冬は特に暗い時間が長いので、我々にとって光はとても大切な存在。生活の中で大事にしているものの一つです。

季節によって作るものは違いますか。

そういうつもりはないけれども、結果そうなっているかもしれません。このアトリエでは、主に紙をカットしたり立体を作ったりすることが多いです。ダーラナ地方のファールンという場所にサマーハウスがありますが、6〜7月に行くファールンのアトリエでは絵を描くことに集中することが多いですね。

特に愛着のあるアイテムがあれば教えてください。

絶対に手放せないのは、はさみ。そして、ここにある絵の具。このブルーはお気に入りででもう作られていない。だからとても大事な色。コバルトブルーも好きです。庭にあるフィギュアはこの青で描いている。とても素敵な青でしょう。

Your atelier is really cozy with many windows.

I chose this room because it gets a lot of sunshine from the windows on three sides Look, this window gets the sun throughout the day. If my atelier could receive sunlight from only one direction, it would be difficult to stay there for long periods of time. Light is important when you see colors. Because the days are short in winter, light becomes even more precious to us. It’s one of the most important things in my daily life.

Does what you make vary with the seasons?

Though I don’t have those intentions, it might be as a result. In this atelier, I mainly paint and cut papers or make 3D objects. In my summer house in Dalarna, I usually focus on painting while staying there from June to July.

Please let us know if you have anything that means a lot to you in this room.

I can never do the dolls without a pair of scissors. And this paint here, this blue is my favorite. So, the color is really important to me. I love cobalt blue, too. I painted the figures and mobiles in our garden with this blue and other bright colors. It’s very nice blue, isn’t it?

インスピレーションはどのようなところから

旅からインスピレーションを得ることが多いですね。同じものを見ても新しい気持ちにさせてくれるから。それから僕にとって、音もとても重要な要素で、音楽をイメージして作品をつくることが多い。作品の中にも楽器を持っているものがたくさんあります。もともとJAZZをやっていたから、音楽から得たものを作品にして、完成するとそれからインスピレーショを得て、また次の作品が生まれる。僕自身がインスピレーションになって作品を作ることも。あと、昔から大好きなのはチャップリン。映画が好きでね。昔のフィルムは今みたいに展開は早くなくて、ゆっくり進む中にもちゃんとストーリ-がありました。その動きからインスピレーションを受けたことは多いですね。自分の作品の時間の流れもそこにあると思います。

動きからインスピレーションを受けて、作るものが静止画というのが面白いですね。

1枚の絵の中に動きや音が存在する。見たときに、それが感じられるようなものを作っています。だから作品も一つで完結せず、作品が作品を繋いでいて区切れていない。まさにフィルムのように繋がっている。しいていえば、パペットは3次元だし、動きのあるもの。だから、僕の仕事にすごく合っていると思います。絵画以上に動きと音を感じられるものだからね。

Where do you get your inspiration from?

I often get inspired while traveling, because I can see the same things with fresh eyes then. And for me, sound is also a very important factor. I make my artwork hearing music in my mind. Many of the dolls I made hold musical instruments, too. Because I used to play jazz, I make things based on what I got from music, and then I get inspired from what I just completed and make a different artwork. I get an inspiration even from myself. Also, I’ve been a big fan of Charlie Chaplin for a long time. I love movies. In old movies, the stories don’t develop so rapidly like in recent ones, but have proper plots. I was often influenced by the moves depicted in such movies. The passage of time in my artwork also comes from those, I think.

You said you are inspired by a move, but what you make from that is a still picture. That’s interesting.

There are moves and sounds in a painting. I make art pieces from which you can feel those factors as you see. None of my artwork is completed by itself. Each piece of my work connects to another and is never separated, just like a film. Maybe I can say that puppets suit my style of work because those are 3D and can move. You can feel the move and sound more from puppets than from paintings.

レイフにとって創作を駆り立てるものは何でしょう。

これまでを振り返ると、僕の仕事は絵画とグラフィックを扱うことが大部分だったけれども、 紙片をフィギュアに切り貼りするような作業もとても楽しんでいます。遊び心と楽しむ欲望を持ち続けること。それがすべての創作の源です。

まるで命が吹き込まれたような作品ばかりです。

アトリエで、毎日、何かを描いたり、線を引いたり、それを続けることはとても有意義で重要なことだなと感じます。そうやって自分の手から生み出した作品たちはすべて、アトリエで私と一緒に「生きて」いますからね。

What do you think motivates you to make art?

Looking back, most of my work is related to painting and graphic work. But I actually enjoy some processes like cutting and pasting papers on a figure, too. I keep my playful attitude and desire to have fun, because those are the sources of my creation.

Your artwork almost looks alive.

I paint or draw in my atelier every single day. I feel it is very meaningful and important to keep doing so. All the art pieces I have created like that with my hands actually “live” with me in my atelier.

Interview : Chizuru Atsuta, Translation : Aya Takatsu, Photo : Norio Kidera

エリック・レイフ・エリクソン
1927年、スウェーデン、メルンダール生まれ。ヨーテボリの芸術大学Valands konstskola卒業。ヨーロッパ各地を旅し、そこで見たカラフルなカーニバルや美しい街並み、人形劇やサーカス、ジャズなど、様々なインスピレーションを得て、絵画やコラージュ、紙製のフィギュアを生み出している。スウェーデンを中心にパブリックアートや国内の美術館などで見ることができる。
Erik Leif Ericson
Leif Ericson was born in Mölndal, Sweden, in 1927 and graduated from Valand Art School in Göteborg in 1955. Having been inspired from various things including colorful carnivals, beautiful streetscapes, puppet plays, circuses and jazz music while traveling around Europe, he makes paintings, collages and paper figures. His artwork is exhibited as public art mostly in Sweden, and also represented in many Swedish museums.

写真:木寺 紀雄

1974年、神奈川県横須賀市生まれ。ホンマタカシ氏に師事。2001年独立、フリーランスになる。2008年に刊行した初の作品集『meisje/メイシェ』(プチグラパブリッシング)や最新作「エステルレーン リサ&グンナル・ラーソン」(minä perhonen, ISETAN MITSUKOSHI Ltd., dieci)が話題に。現在、雑誌や広告など幅広く活躍中。

Photo: Norio Kidera

Born in Yokosuka, Japan in 1974. He studied photography under Takashi Homma and became freelance photographer in 2001. His first book “meisje” (Petit Grand Publishing) and latest book “Österlen Lisa and Gunnar Larson” (minä perhonen, ISETAN MITSUKOSHI Ltd., dieci) received high evaluations. He works for various magazines and advertisements.
mountains.jp/kidera/

Top