IDÉE

LIFECYCLING.

Interviews | File No.020

香菜子 ものづくりのスピリットと暮らしのアイデアに溢れた、ナチュラルなライフスタイル Kanako : "LOTA PRODUCT" Designer, Illustrator / Setagaya-ku, Tokyo / 2013.5.23
"The Natural Life Full of Creative Mind and Living Ideas"

母親になるということは、子供を持つということだけではない。これまでの暮らしに対する視点ががらりと変わる、ライフスタイルにおけるターニングポイントでもある。
今回お伺いしたイラストレーター兼デザイナーで、最近モデルの仕事も復帰した香菜子さんは、中学生と小学生のお子さんを持つ2児の母。母親になってから感じた“欲しいもの”をかたちにすべく立ち上げた「ロタプロダクト」では、子育てに奮闘する母親たちに向けたアイテムを提案している。育児は楽しいだけではない。時にイライラしたり、息が詰まりそうになったりする中で、母親がふっと肩の力を抜くことができるよう考えられた、極めて優しい視点と気配りがアイテムの随所に施されている。

そんな香菜子さんのご自宅は、都内にある築30年ほど経た瀟洒なマンション。たっぷりの採光を確保したリビングの大きな窓と広い庭が印象的だ。友人に作ってもらったという棚とデスクのあるスペースで仕事をこなす。最近は、「ふだん着」をテーマにした本も出版した。普段持っているベーシックな服がアイデア次第で変わるという着こなしやコーディネイトを紹介している。

暮らしにまつわるアイデアが満載の香菜子さんのお宅で見つけたのは、棚にディスプレイされた子供の産着が入った透明ボトル。産院から出てきた時にいちばん最初に着せたものだという。細いラベルには、子供の名前と誕生日。「染みができてどうしても抜けないものをわざとみえるように瓶に入れているんです。それを見るたびに当時のことを思い出します。タイムカプセルと一緒ですね」

こんなちょっとしたアイデアが日々の暮らしを楽しいものにしてくれるのかもしれない。好きな仕事を続けながら、年中無休の母親業も同時にこなす香菜子さん。ハードな生活を送っているとは思えないほど、自然体で柔らかな物腰の彼女に、日々の暮らしについて聞いた。

To become a mother doesn’t only mean having a baby, but also facing a turning point in your life with seeing the world in a totally different light.

Today, we met a woman called Kanako. She is an illustrator / designer and got back to working as a model recently, too. Being a mother of two children, one is in junior high and another is in elementary school, she established a brand called “LOTA PRODUCT” to produce products for mothers with small children. Because she knows that child-raising is not always enjoyable, her products have clever details that warm mothers’ hearts and take their mind off their anxiety and stresses of child-raising.

The house Kanako lives is a thirty-year-old plush condo in Tokyo. The big living room windows to let in more light and the large garden are really impressive. She works in a room with a desk and cabinet made by a friend of her. Recently, she published a book about “everyday wardrobe” to introduce some coordinates that make basic clothes in your wardrobe look more sophisticated.

Kanako’s house is full of wisdom of living. We found a clear bottle of baby clothes on her shelf. She told us that those are the clothes she put on her children when she left maternity hospitals. There are thin labels with her children’s names and birthdays on each bottle. “I put the clothes in the bottles to show its spots and stains on purpose. Whenever I see the bottles, those spots remind me at that time. It’s like a time capsule”.

Little innovations like this may change your life more enjoyable. Kanako juggles being a mother and doing jobs she loves. When we interviewed her about her everyday life, she always talked in a mild and refined manner despite her time-running schedule.

「ロタプロダクト」を主宰して、さまざまなものづくりに関わっている香菜子さんですが、今の仕事に就くことになった経緯を教えてください。

「ロタプロダクト」をスタートしたのは、下の子が生まれてから。第一子を出産した時は、特に仕事はせず、夫の仕事のお手伝いをする程度だったのですが、下の子が生まれた時はすぐに仕事をしようって思っていました。

そのように気持ちが変化したのはなぜですか。

とにかく何かモノを作りたいという思いがあったのと、第一子が生まれる前までモデルをやっていたのですが、妊娠してからはその仕事もなくなり、社会からスパっと切り離されたような、ものすごい孤独感を味わったんです。そんな経験から、二人目の時はもうそれは嫌だなと思って、多少時間やお金がかかっても何かやっていかないとダメになると思っていました。ある程度子育ての要領もわかってきたし、余裕も出てきたということもあります。

最初のお子さんを15年前にご出産されたということですが、当時は今とは子育てに対する考え方が違いましたよね。

そうですね。まだまだ女性が育児をしながら働くことに対する社会の認識が低かったですね。今でこそ「イクメン」という言葉が流行ったり、便利な子供グッズが増えたりしましたが。そうそう、実は当時ベビーカーについているクマの柄がすごく嫌だったんですけど(笑)、まだ種類が少なくて選べるような状態ではなかったんです。それで、糸をほどいて好きな生地を付け直したりして。今思うとそれが「ロタプロダクト」の原点かもしれないです。

You established “LOTA PRODUCT” and have produced various products. Please let us know how you started it.

I started “LOTA PRODUCT” after my second child was born. When my first child was born, I was a stay-at-home mom and helped my husband’s job sometimes. When I gave birth to my second child, however, I thought that I would like to be back to work as soon as possible.

Why did you change your mind at that time?

One of the reasons was that I really wanted to create something. And, since I quitted the modeling job when I got pregnant my first child, I had suffered from a sense of isolation. I felt like I was shut off from society. After my second child was born, I thought that I didn’t want to have such a feeling again. So I decided to do something even if it required some time and money. Maybe I was a little more relaxed knowing how to deal with a baby.

You gave birth to your first child fifteen years ago. At that time, the attitude towards child-raising was much different from these days.

Yes, the society exhibits a less understanding of working mothers. Now there is a word “ikumen” (fathers who actively participate in housework and child-raising) and we can find useful nursery items everywhere. Oh I remember that I really hated a teddy bear motif on the buggy (laugh), but we had so little choice at that time. So I put my favorite fabric over the motif to hide it. I think it was the beginning of “LOTA PRODUCT”.

もともとものづくりが好きなんですね。

そうですね。なければ自分で作ってしまおうと。もともと生まれが栃木県の足利市で、故郷は繊維の町なんです。父親は染織工芸家で、叔父は陶芸家です。小さい頃から周りに染織やものづくりにかかわっている大人が多くいて、私自身も小学生の時に自分で作ったスカートを学校にはいていくような子供でした。そういった環境が身近にあったことで進む道も自ずと決まっていったというか、姉も美大だったこともあり、自分もなんとなくそのまま東京に行って美大に行くんだろうなって思っていました。それで陶芸を専攻したのも自然な流れでしたね。

「ロタプロダクト」としてのものづくりでは、一番始めに何を作ったのですか?

子供用の長めのエプロンを作りました。子供って基本的に汚しますよね。そういうことを怒りたくないというのが理由の一つとしてありました。下まで覆っている長めのエプロンだったら汚れもある程度防げるし、こぼしたついでに拭けるとか、母親が使うとしても機能的ですよね。とにかく子供に対して怒ることを少なくしたくて。こぼしてくれてありがとうぐらいに思えたらいいなと思って(笑)。

それは完全に子を持つ親の視点ですよね。

そうですね。短いエプロンってかわいいんですけど、それでは全然足りないんですよね(笑)。環境や体に優しい蜜蝋キャンドルも作りました。そういった視点も含め、ものづくりに関して子供が生まれたことが大きいです。それで、そんな形で作ったものがもしかしたら売れるかもしれないと思った時に、昔から知り合いの『LIFE』(代々木八幡にあるイタリアンレストラン)のオーナーシェフの相場君から、店内にちょっとした雑貨コーナーを作るという話を聞いたので、まずはエプロンと蜜蝋キャンドルをお店に置いてもらったんです。

So you always love to create something.

I think so. If I can’t get something I like, I would rather make it. I was born in Ashikaga-city in Tochigi. The city is famous for its textile industry. My father is a fabric-dyeing artist and my uncle is a ceramic artist. As there were many adults involved in art and product creation around me, I became a kid who made a skirt by myself and wore it to school. Because I had such an environment, my future path was shown naturally. As my elder sister went to an art school, I thought that I would do the same. It was also natural that I majored in ceramic art there.

What was your first product for “LOTA PRODUCT”?

I made a long kid’s apron. You know, kids always make a mess. One of the reason I made it was I don’t want to go crooked at them for doing so. If they wear this long apron, it protects their clothes from dirt and parents can wipe the slops easily. It’s very functional for mothers, too. I really wanted to decrease the opportunity to scold my children. I’d rather say, “oh thank you for slopping” (laugh).

That’s the idea only parents can have.

I think so. Although short aprons are cute, it’s not functional at all (laugh). I also made safe and eco-friendly beeswax candles. So, I can say that my creation is greatly influenced by having kids. Then I became to think that my products can be sold and my old friend, Aiba, the owner of Italian restaurant “LIFE” in Yoyogi-hachiman, told me that his restaurant would have a small space to sell sundries. So I asked him to sell my aprons and candles there.

「ロタプロダクト」として世に出たのはそこがスタートなんですね。他にはどのようなものを作ったのですか?

その後、キャンドルはソイキャンドルにしました。あとはトートバッグを作ったり、メッセージバッジを作ったりとか。メッセージバッチには、“share”とか“small”とかメッセージを入れているのですが、それを見て何か気づきになるようなものを作りたいと思ったんです。例えば“slow”だったら、歩みをゆるめてみようかなとか。そういうきっかけができるといいなと思って。

通常アパレル業界などで洋服を作る時は、アイテムごとの展開やコーディネイトを意識することが多いですが、作りたいものが完全にピンポイントで、その飛び具合が面白いですね。

思いつきからが多いんです。あとは旅行が好きなので、旅先からインスピレーションを得ることが多いですね。なので、毎シーズンの展示会に合わせてというような形でコンスタントにモノは作れないんです(笑)。

純粋に作りたいものをプロダクトとして、しかもハンドメイドで制作ということでいうと、「商品」というより「作品」に近いのかもしれないですね。現在はどのような形で販売されているのでしょうか。

少しですが、オンラインでポスターとエプロンを売っています。でも正直オンラインで商品の雰囲気を伝えるのは難しくて。実際に手に取れないし、写真の見え方ひとつで変わってしまうので。そんなことを思っていた矢先に青山ファーマーズマーケットの出店に声をかけてもらったんです。今は「暮らし市」として、5組くらいで集まって、月一回出店しています。

So it was the starting point of “LOTA PRODUCT”. Have you made anything else?

The candles are now made of soy. And I made tote bags and badges with short messages. On the budges, I put messages like “share” or “small”. I wish those would give some ideas to people. For example, it’d be great if the message “slow” becomes instrumental in slowing them down.

Normally, people in apparel business tend to make products with consideration for total coordination or future development. But what you want to make is really specific and one-off. I find this disjointed collection of works quite interesting.

Most of my products have been created from sudden ideas. As I love traveling, I often get inspirations by what I experienced through travel, too. So, for me, it is impossible to release products constantly for seasonal exhibitions or collections (laugh).

As you make all your products by hand, we should consider those as your “works” rather than “commodities”. How do you sell your products in the market?

Although there are just a few of my products, you can buy posters and aprons through the website. But I found it is difficult to tell details of products online. Customers can’t touch them and photography would change the mood of products easily. As I was thinking such things, someone asked me to join Aoyama Farmer’s Market. Now I and four other groups open a shop called “Kurasi-Ichi (Market of Living)” once a month.

こちらのハンカチは?

父とのコラボレーションです。図柄と色を私が考えて、父に染めてもらったんです。一応色まで指定したんですけど、指示通りにはやってくれませんでした。「目の色ちょっと変えといたから」って。

やっぱりそこはこだわりがあるんですね(笑)。そういったものづくりをしながら子育てや家事をしていて、毎日かなりお忙しいと思いますが、一日の流れを教えてください。

朝は5時前に起きて、上の子供のお弁当を作って6時頃に送り出し、その後、下の子を7時半に送り出します。NHKの朝ドラを観て、掃除洗濯後、9時半くらいからデスクワーク。メールチェックして、午後は作業があれば5時くらいまで。それ以降、子供たちが帰って来て、夕飯から寝るまでが怒濤の時間帯です。10時ごろに下の子が寝て、家事を少しやって、12時前くらいに私も寝るといった感じですかね。

ものすごく忙しいですよね。

だから一瞬ソファで寝るみたいな仮眠が得意になりました(笑)。家事や子育てをしていると、時間で区切っていかないとどんどんやることがたまっていってしまうので。ここまでに洗濯物を干しちゃおうとか、時間で区切ってやっていますが、逆に言うと工夫次第で時間は作れるものだと思います。いろんなことを同時にやったり、限られた時間の中でやったりとか、そういったことがすごく上手になりましたね。もともとできたわけではなく、できるようになった感じです。

Did you make this handkerchief, too?

It was a collaboration work with my father. I presented my ideas of its patterns and colors to him and then asked him to dye it. Although I told him the colors I wanted to use, he didn’t do as instructed. He was like; “I changed the eye color a little bit”.

So he had the colors he wanted to use, too (laugh). While participating such challenging creations and raising children at the same time, I guess you might be so busy. Please let us know your daily schedule.

I wake up before five o’clock in the morning and make a lunchbox. Then I get my elder kid off to school around six and my younger one at half past seven. After watching the NHK morning drama and doing the laundry and washing, I start working around half past nine, checking emails and stuff. Then I continue working until five o’clock if I have something to do. The busiest time of day is after my kids come home. After my younger kid goes to bed around ten, I do some housework and then go to bed before midnight.

It sounds really busy!

Now I’m so good at taking a quick nap on the couch (laugh). If you have to do housework and take care of your kid everyday, you should have your timetable of day. Otherwise there would be much work piled up. So I try to have my timetable – say, the laundry must be done by nine. In other words, you can make time if you use it effectively, I think. I’m now good at making the most of my limited time. Of course I couldn’t do it in the beginning, but gradually became able to manage it.

ものづくりをするにあたって、インプットする時間はどのように設けているのですか?

わざと外出しますね。今日は作業がないという日は、思い切って出かけます。美術館に行ったり、買い物に行ったりして、外からの刺激を受けるようにしています。

子育てをしながら好きなことを両立させるのって本当に大変だと思います。

昔から、気になるんだったら両方できたほうが楽しいという性格だったんです。例えば、自転車に乗りたいけど転ぶのは嫌だという子だったので、転ばずに乗れるように頑張るみたいな。時間はかかるんですけど。

すごくわかりやすいですね(笑)。それは今のものづくりの姿勢にも表れているんでしょうか。

そうですね。子供がいるから、とかそういう理由であきらめたくないというのはあります。とはいえ、できる隙間があればそこでやるので、あまり気負いもなくという感じですね。

Do you do something special to get inspirations?

I go out. If I don’t have any deskwork, I dare to leave my house. Visiting museums and going to shopping, I try to get outside stimuli as much as possible.

I think it is really hard to combine your career and raising children.

Since I was young, I am the kind of person who wants to do two different things at once. For example, I learned to ride a bike really hard when I was a kid because I wanted to ride it without falling off. It always takes some time, though.

That’s a good example (laugh). Do you think that kind of personality has influenced your creative work?

I guess so. I don’t want to give up my career by reason of having kids. However there is no pretentiousness because I try to do my job only if I could make time.

日々忙しい中でそのように自然体でいられるのには、性格ももちろんあると思うのですが、毎日の暮らし方や生活も大きくかかわっていますよね。では、お住まいについてお伺いしますが、こちらにはどのようなきっかけで住むことになったのでしょう。

ここに来て14年弱くらいですが、子供が生まれてから引っ越してきました。もともと陶芸家の方が住んでいて、建物としては30年近く建っています。

あまり古さを感じさせない、とても広くて気持ちの良い空間ですね。

実はこの物件、売れ残っていたんです。たまたま折り込みチラシで見つけて、最初に私1人で見に来た時は、木が覆い茂っていて、すごく暗くて。部屋には茶室があったり、緑色のタイルが貼ってあったりと、あまり印象が良くなくて、夫に「ここはナシ」と話していたんです。でも夫が一応見に来て、そしたら広さに惚れてしまって。その後、壁を白く塗ったらいいかもしれないとなり、購入する際に全面リフォームをしました。

庭も広いですよね。枕木はご自分で置かれたのですか?

はい。当初庭のテイストももっと和な感じだったのですが、植栽し直しました。それから、今仕事場になっているデスクのある部屋が茶室だったのですが、壁を抜いたんです。ここは仕事から家事へと、動線的にもちょうどいいんです。

I think you can be your natural self in spite of your busy everyday life not just because of your personality but also because of your lifestyle. Now I’d like to ask you about this house. Please tell us about what made you decide to live here.

It’s been almost fourteen years since we moved in this house. We came here after my kids were born. This house is about thirty-year-old and a ceramic artist used to live here before us.

It is really spacious and doesn’t look such old.

Actually, it was an unsold house. I found it in a leaflet. When I go to see this place alone for the first time, the garden was full of trees and this house was so dark, and there were a tea-ceremony room and a room with green tiles. Because I got only negative impressions, I told my husband that I don’t want to live here. However he visited here again by himself and became quite fond of its largeness. As we thought that it might be better if we paint the walls white, this house got a full makeover when we bought it.

Your garden is so large, too. Did you put these wood crossties by yourself?

Yes. I re-made this garden from scratch because it was in Japanese style when we moved in. The room I put my working desk used be a tea-ceremony room. We ripped out the wall. It is also good for efficient workflow – I can move on from deskwork to housework easily.

では、インテリアへのこだわりなどあれば教えてください。家具はアメリカもののヴィンテージが多そうですが…。 

家具は夫がほとんど選んでいます。昔よくアクメで買っていて、リビングにあるソファやローテーブルはアクメのものです。いただきもののダイニングテーブルは北欧のものですね。

香菜子さんがこだわっているスペースやモノはありますか?

やはりキッチン周りでしょうか。自分で陶芸をやっていたこともあるので、器は特に好きですね。あまり有名だからというだけで買ったりはしません。全般的に掘り出し物を見つけるのが好きですね。陶器市で見つけた100円のカフェオレボウルや出西窯とか湯町窯のものなど民藝ものも好きです。

Do you have definite taste for interior? I think most of the furniture in this house is old American ones.

My husband selected most of those. As he used to buy furniture at ACME quite often, the sofa and low table in our living room are from the shop. The table was a gift and made in Scandinavia.

Where is your favorite space and what is your favorite thing in this house?

I love my kitchen. Because I used to do ceramic art, I’m particular about cups and dishes. I don’t buy those because of its name – I always like to make luck finds. I love both cheap, anonymous café au lait cups and Mingei dishes made by Shussai or Yumachi Ceramic Studio.

では最後に、香菜子さんがこれからやってみたいことがあれば教えてください。

誰の意見も入らない、自分だけの理想の家を建ててみたいです(笑)。

大きな野望ですね(笑)。具体的なイメージはあるのですか?

土間のある家です。そうすると人が寄りやすくなるというか、ちょっとお茶を飲みに来て、わざわざ上がらなくても、腰掛ける場所があるっていう。おばあちゃんの井戸端会議の延長みたいな感じが理想です(笑)。場所は鎌倉で。そしたら、アトリエを作ってまた陶芸もやりたいななんて考えています。それとは別に、実際に今作りたいものでいえば、洋服ですね。ファッションでなくて、部屋着とか、生活に近い洋服を「ロタプロダクト」で提案できればと思っています。

子供の時のスカート作りにつながりますね。やはり、自分の中に好きなことがあるって、ぶれないので強いですよね。

でも、これが好きって思えるようになったのって、ほんと最近なんです。それまで迷ってばかりで、すぐ人の意見に左右されがちだったんですけど、いろんなことを経験して、最近になって、やっぱりこれが好きなんだっていうのが見えてきた感じです。そしたら、ものづくりにも迷いがなくなってきましたね。

Lastly, please tell us what you’d like to do in the future.

I’d like to build my ideal house free of the opinions of others (laugh).

That is a great hope (laugh). Do you have a concrete image?

It is a house with Doma (the earthen floor). If there were doma in my house, people would visit my house more casually. When someone came to the house for a cup of tea, I’d let the visitor sit on the entrance like a grannies’ gossip session (laugh). My ideal house should be located in Kamakura. Then I’d like to make my own atelier and start to do ceramic art again. Apart from my ideal house, I want to make clothes. It wouldn’t be fashion pieces but something like loungewear or clothes for daily living. I wish I could introduce such clothes as a creation by “LOTA PRODUCT”.

It might be connected to the skirt you made when you were young. I think it is a great advantage to have something you really love.

But I noticed what I really love quite recently. Until then, I was in a quandary over what I wanted to do and easily got swayed by other people’s opinions. After experienced lots of things in my life, however, I started to realize what I love most. Now I seldom waver when I create something.

Interview: Tadatomo Oshima (IDÉE)/ Takahiro Shibata (EATer)/ Chizuru Atsuta (EATer), Translation: Aya Takatsu, Photo: Taro Hirano

香菜子
1975年、栃木県足利市生まれ。女子美術大学工芸家陶芸専攻卒業。在学中にモデルを始める。1998年、出産を機に引退。2005年、第二子出産を機に雑貨ブランド“LOTA PRODUCT(ロタ プロダクト)”を設立する。母の立場から「こんなものほしい」をかたちにすべくデザインした雑貨が人気を集める。2008年よりイラストレーターとしての活動もスタート。また、モデル業も復帰し、さらなる活躍の場を広げている。今年4月に初のコーディネートブックとなる『普段着BOOK』(主婦と生活社)を出版。たちまち重版となるなど、現在好評発売中。秋には第二弾を出版予定。
http://www.lotaproduct.com/
Kanako
Born in Ashikaga-city, Tochigi in 1975. While studying ceramic art at Joshibi University of Art and Design, Kanako started her career as a fashion model. In 1998, she gave up modeling when she was pregnant her first child. After she gave birth to her second child in 2005, she established “LOTA PRODUCT”. Her products made from the viewpoint of a mother of two children attract a lot of attention. She also started her career as an illustrator in 2008 and came back as a model later on. Now she widens her scope of activities and published her first coordinate book titled “Fudangi BOOK” (SHUFU TO SEIKATSU SHA) that has gone through several impressions. Her second book is scheduled for publication in this autumn.
http://www.lotaproduct.com/

写真:平野 太呂

1973年、東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業。3年間のアシスタントを経て、2000年よりフリーランスに。2004年、渋谷区上原にギャラリー『NO.12 GALLERY』を起ちあげる。2005年写真集『POOL』(リトルモア)、2006年写真集『GOING OVER』(Nieves)、2007年CDフォトブック『ばらばら』星野源と共著(リトルモア)、2011年『東京の仕事場』(マガジンハウス)など出版、同時に世界各都市で展示を行い、注目を集める。現在、広告、CDジャケット、ファッション誌、カルチャー誌など幅広いジャンルで活躍中。
tarohirano.com

Taro Hirano

Born in Tokyo in 1973. A graduate of Musashino Art University, Hirano turned freelance in 2000 after worked as a photographer’s assistant for three years. In 2004, he opened No.12 Gallery in Uehara, Shibuya. He has published several books such as “POOL” (Little More, 2005), “GOING OVER” (Nieves, 2006), “Barabara” (Little more, 2007) - a CD photo book collectively written with Gen Hoshino, “Tokyo no Shigotoba” (magazinehouse, 2011) and exhibited his works at galleries in cities across the world. Now his works can be seen in advertisements, CD covers, fashion magazines, culture magazines etc.
tarohirano.com

Top